トールペイント初心者のかたから上級者のかたまで“目から鱗”の情報満載!

筆の種類と使い方|トールペイント

トールペイントでよく使う筆の種類と使い方

このページでは、

 

「トールペイントの筆の種類はだいたい分かるけど、どのサイズを揃えたら良いか分からない」

 

というあなたに、

 

トールペイントで使用頻度が高い筆のサイズと、使い方についてお伝えしていきます。

 

(筆のおおまかなタイプの解説はこちら

 

 

トールペイントでよく使う筆のサイズって?

 

アメリカントールペイントの際によく使う筆は、以下になります。

 

トールペイント,筆,おすすめ,セット,種類

 

・大平筆 3/4インチ
・平筆8号

 

・丸筆 4号
・ライナー筆2号
・ライナー筆10/0号

 

・ステンシル筆 3号

 

◆それぞれの筆の用途と使い方◆

 

【大平 3/4インチ】

 

広い面を塗る時に使います。

 

主に、下地作り(シーラー塗り)や仕上げ(ニス塗り)で使います。

 

(ニスを塗った後は、毛の流れに沿って石鹸でよく洗い、
毛先を整えて直しておくと、筆の持ちが良くなりますよ☆)

 

まだ穂先がキレイなうちは、この筆の広さを活かして
サイドローディングの技法を使って)
素材全体にグラデーション模様を作ることもできます。

 

 

【平筆8号】

 

そこまで広くない範囲を塗る時や

 

サイドローディングダブルローディングの技法を使って
影やハイライト(光があたるところ)を描く時に使います。

 

この筆は、特に使う頻度が高いです。

 

 

【丸筆 4号】

 

狭い範囲を塗る時に使います。

 

円を書いたり、葉っぱを塗る時に重宝します。

 

 

【ライナー筆2号、ライナー筆10/0号】

 

葉の筋やツルなどの、細い線を描く時に使います。

 

穂先が長いものは、絵の具をよく含むので、長いものを描く時に便利です(^^)b

 

しかし、初心者の方にとっては、穂先の短いもののほうが扱いやすいと思います。

 

 

【ステンシル筆 3号】

 

名前の通り(笑)、ステンシルをする時に使います。

 

トントンとたたくと、細かい点をたくさん付けることが出来るので、

 

動物(クマなど)の毛並みや、人形のほっぺたの部分に使ったりもします。

 

 

アッセンデルフトでよく使う筆って?

 

ちなみに、アッセンデルフト(ヨーロピアン)でよく使う筆は、以下になります。

 

ヨーロピアン,アッセンデルフト,筆

・大平 3/4インチ
・丸筆 8号、6号、2号
・ライナー筆 10/0号

 

この他に、鉄筆もあると便利ですが、
これは、インクの出なくなったボールペンでも代用できますよ☆

 

 

次のページでは作品の仕上げの時、
絵を保護するために塗る「ニス」についてお伝えします。

 

 

次ページ「ニスについて|トールペイント(アクリル絵の具)で描く」へ

 



ホーム RSS購読 サイトマップ