初心者から中級者まで、目から鱗の情報満載!

C・Sストロークの描き方|トールペイント

C・Sストロークの描き方

 

「トールペイントのストロークをもっと知りたい!」と思ってるあなたに、
知っていると便利な、Cストローク・Sストロークの描き方をお伝えします。

 

 

Cストローク・Sストロークは、その名前の通り、アルファベットの C と S の形になっています。

 

 

本に載っているトールペイント作品等をよく見ると、(パッと見は分からなくても、)このストロークが使われてる事がけっこう多いです。

 

なので、このストロークを身に付ければ、困った時に強い味方になってくれるハズです。

 

 

ではでは、早速練習していきましょう!

 

 

Cストローク

 

まずは、Cストロークからお伝えしていきますね。

 

 

平筆または丸筆に絵の具を付け
トールペイント,ストローク,描き方,c

 

細く入ります。(丸筆は、描く前に穂先を平らにします)
トールペイント,ストローク,描き方,c

 

筆が画面の所まで来たら、
トールペイント,ストローク,描き方,c

 

穂先を押さえつけながら、左下に動かします。
トールペイント,ストローク,描き方,c

 

グルっと半周させます。
トールペイント,ストローク,描き方,c

 

穂先がここまで来たら
トールペイント,ストローク,描き方,c

 

筆を押さえる力を抜きながら、右上にスッと上げます。
トールペイント,ストローク,描き方,c

 

最後は細く出ます。
トールペイント,ストローク,描き方,c

 

完成!!Cの形になりました。
トールペイント,ストローク,描き方,c

 

 

「細く入って、太く描き、細く出る」という感じで、

 

最初と最後の細く描く所は、(丸筆でも平筆でも)穂先の平らな形を利用して描きます。

 

三日月のようなフォルムになればOKです☆

 

Sストローク

 

続いて、Sストロークについてお伝えしていきます。
「細く入って、太く描き、細く出る」ところはCストロークと同じですよ(^^)

 

筆に絵の具を付け、細く入ります
トールペイント,描き方
(丸筆は、描く前に穂先を平らにしてください)

 

ここまで来たら、
トールペイント,描き方

 

筆を押さえつけながら、右下にグッと下ろします。
トールペイント,描き方

 

穂先の形を利用して、太く描きます。
トールペイント,描き方

 

ここまで来たら、力を抜きながら左下にスッと下ろします。
トールペイント,描き方

 

穂先の形を利用して、そのまま細く出ます
トールペイント,描き方

 

完成!!
トールペイント,描き方
Sの形になりました。

 

 

Sストロークは、リボンや花籠(カゴ)を描く時にも使えるんです☆
「こんなところに使われてた!」っていう事が多々あります(笑)

 

トールペイントの本で探してみるのも楽しいですよ(^^)

 

 

次ページからは、モチーフ別(花ごと)に描き方をじっくりお伝えしていきます。まずは、バラからです。

 

私が実際に描いてる動画(You Tube)のリンクなども載せています。

 

次ページ「バラの描き方」へ

 



ホーム RSS購読 サイトマップ