ガラス用絵の具を使ってガラスに絵を描く

トールペイントでガラスに描くにはどうすれば良いの??

ガラス用絵の具を使ってガラスに絵を描く

あなたは、

 

「トールペイントでガラスに描くには
どうすれば良いんだろう?」

 

と思ったことはありませんか?

 

 

ガラスに描く時の、下準備や、
仕上げの方法についても
知りたいのかもしれませんね。

 

 

実は、
トールペイントでガラスに描くには、
2つの方法があるんです。

 

1、ガラス用絵の具で描く方法と、

 

2、ガラス用の下地剤を使って
アクリル絵の具で描く方法です。

 

このページでは、

 

1、のガラス絵の具で描く方法について、
詳しくお伝えしていきますので、

 

ぜひ参考にされてみてください!

 

 

(2、の方法はコチラ

 

 

ガラス絵の具で描く方法

 

ガラス絵の具の分類

 

トールペイントでよく使う
ガラス用絵の具は、

 

1.下地剤仕上剤を、
塗る必要があるか、ないか

 

2.定着方法は、
自然乾燥か、
オーブンでの焼付けか

 

によって、分類することができます。

 

 

基本的には、

 

下地剤・仕上げ剤を塗る必要がない、
オーブンで焼付をするタイプ

 

が、絵の具の定着力は
強い傾向にありますよ。

 

 

おすすめのガラス絵の具

 

ガラス用絵の具の中でも、

 

私の1番のおすすめ

 

ヴィトレア160です。

 

人体に無害な絵の具で、
オーブン焼付けのタイプです。

 

この絵の具を使った作品は、
食器として使うこともできます。

 

食器として使える作品を
作りたい時は、

 

絵の具に
無害(食品衛生基準をクリア)
表記されているものを使ってください。

 

また、ヴィトレア160は、

 

下地剤や仕上げ剤を、塗る必要がなく、

 

他の絵の具にくらべて、扱いやすいですよ^_^

 

 

 

 

 

ガラス絵の具の紹介

 

これから、

 

トールペイントで使う
ガラス絵の具の中で、

 

有名なものを
3つ紹介していきます。

 

1.下地剤仕上剤を、
塗る必要があるか、ないか

 

2.定着方法は、
自然乾燥か、
オーブンでの焼付けか

 

の基準で分け、

 

それぞれの絵の具の特徴
まとめてみたので、

 

参考にしてください!

 

1、下地剤・仕上げ剤不要/オーブン焼付けタイプ

 

ガラス用水性アクリル絵具
【ヴィトレア160】

 

・「定着方法」
オーブンで焼き付ける

 

(最低24時間の自然乾燥後、
160℃のオーブンで40分焼く)

 

・焼き付けて定着するので、
(水で洗っても)色落ちしない。

 

食器として使用可能
(人体に無害な水性絵具なので)

 

・グロス色(艶あり/全20色)
マット色(艶消し/全10色)
シマ―色(光沢色/全6色)

 

の3種類があり、
絵の具の光沢の度合いが選べる

 

 

セット商品がある
(ヴィトレア160 6色ディスカバリーセット、
ヴィトレア160 12色ディスカバリーセット)

 

 

 

 

 

2、下地剤・仕上げ剤不要/自然乾燥タイプ

 

ガラス・金属用溶剤系絵具
【ヴィトラーユ】

 

・定着方法:自然乾燥

 

・透明感があり、
ステンドグラスのような仕上がりになる

 

・あくまでも観賞用で、
食器としては使用できない

 

・油性絵の具なので、
筆を洗う時に専用の筆洗い液
(オドレスミネラルスピリッツ)が必要

 

 

 

 

 

3、下地剤・仕上げ剤が必要/自然乾燥タイプ

 

【パームエナメル絵の具】
(デルタ セラムコート)

 

・定着方法:自然乾燥

 

(10日間の自然乾燥で仕上げる)

 

専用の下地剤と仕上剤が必要

 

・あくまでも観賞用で、
食器としては使用できない。

 

・他のガラス専用絵の具に比べ、
ネットでは、取り扱い店舗が少ない。

 

下地剤として、
パームエナメル サーフェイスコンディショナー
が必要

 

・サーフェイスコンディショナーを塗ったあと
4時間以内に絵を描く

 

・描いたら、約1時間位乾燥させ、

 

パームエナメル仕上剤を2回塗り、
1回塗るごとに1時間位の乾燥が必要

 

まとめ

 

今回は、ガラス用絵の具を使って
描く方法をまとめてみました。

 

 

おすすめのガラス用絵の具は、
食器としても使用可能な
ヴィトレア160 でしたが、

 

これから技術が進歩して、
また新しいガラス用絵の具が出てくる
かもしれないので、

 

気になる方は
情報を、時々チェックしてみてくださいね。

 

 

また、ガラスに絵を描く時には、

 

下準備として、
ガラスを綺麗に洗って
乾かしておく必要があります。

 

 

次ページで、このような
下準備の方法や、
ガラスに描く時の注意点などもお伝えします。

 

 

さらに、
ガラスに絵を描く
もうひとつのやり方、

 

"ガラス用の下地剤を使って
アクリル絵の具で描く方法”

 

についても書いてますので、
ぜひ、次ページを参考にされてくださいね!

 

 

次ページ「アクリル絵の具でガラスに絵を描く」へ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ