初心者から上級者まで“目から鱗”の情報満載!

小物の撮影方法|トールペイント

トールペイント作品の撮影方法

 

トールペイント作品を撮影する時「なかなか写真が上手く撮れない」とお悩みではないですか?

 

そんなあなたに、撮影スタンドを作る方法と、綺麗に撮るコツをお伝えします。

 

(「小物の撮影法」は、雑貨やアクセサリーを撮影する際にも使える方法です。参考にされてみてください)

 

 

小物の撮影法

 

小さい作品を撮る時、部屋で撮ると背景がごちゃごちゃする・・なんてことはありませんか?

 

今から、いちいち背景を気にしなくても良い、撮影スタンドの作り方をお伝えします。

 

用意するもの
小物,撮影,方法

 

・二つ折り色紙
・画用紙(または厚めの模造紙)
・アルミホイル(または銀色の紙)
・クリアケース
・セロハンテープ
・はさみ
・クリップ
・両面テープ
・テグス

 

(すべて100均で買えます)

 

1.まず、テグスでクリアケースの上蓋と下蓋をつなぎます。
小物,撮影,方法

 

2.これを両サイドすると自立します。
小物,撮影,方法

 

3.クリアファイルのてっぺんに、模造紙を(クリップで)留めます
小物,撮影,方法

 

 

ここから反射板(レフ板)を作っていきます。
※レフ板とは、光を反射して、撮影物に当てる光を強くするものです☆

 

小物,撮影,方法

 

この材料で作ります。
小物,撮影,方法

 

今回、銀色の紙を用意しましたが、
アルミホイルのほうが、光をよく反射するので、
そちらを用意した方が良いと思います。笑

 

 

アルミホイルを色紙に合わせて切り、キラキラツルツルした面に両面テープを貼ります。
小物,撮影,方法

 

 

色紙に貼ります(アルミホイルのザラザラした面を上にします☆)
小物,撮影,方法

 

 

先ほど作ったクリアファイルとレフ板を組み合わせると、こんな感じになります。
(太陽光の向かい側にレフ板を置きます)
小物,撮影,方法

 

 

すると、こんな感じの写真が撮れます。
小物,撮影,方法

 

この撮影スタンドは、
材料はすべて100均で買えて、手軽に作れるので、
お家に1つ持っていると良いかもしれませんね(ドラえもんみたい。笑)

 

 

大きい作品を撮る

 

大きい作品を撮る時も、自然光(太陽の光)で撮ったほうが綺麗な写真になります。
外や、自然光がたくさん入る室内で撮るようにしましょう。

 

ニスを塗った後に撮影すると、ニスが反射してテカって写るので、ニスを塗る前に撮影しましょう。

 

大きい作品で気になるのが、背景を何にするか?という事ですが、
お好きな色の広い布を、(壁と机など)90度になるところにかけ、
そこに置いて撮影すると良いカンジになります。笑

 

 

まとめ

 

電球や蛍光灯の明かりよりも、太陽光のほうが綺麗に撮れます。

 

(太陽がギラギラ照りつける真っ昼間よりも、午前中や午後の2時〜4時くらいの方が良いです)

 

室内で撮る時は、直射日光が当たるところではなく、レースのカーテンなどで、少し光を和らげてあげましょう。

 

最初は上手く撮影できなくても、数をこなせば感覚が分かってくるはずです。
構図や配置を変えながら、何枚もチャレンジしてみましょう。

 

失敗は成功のもとですよ☆(良いカンジにまとまった。笑)

 

 

トールペイント知識編はここまでです。

 

次ページからは、トールペイントアメリカンの描き方についてお伝えしていきます。

 

まずは、ストロークの描き方からです☆

 

次ページ「サイドローディング」へ

 

 

ヨーロピアン,アッセンデルフト,講座

ホーム RSS購読 サイトマップ