トールペイント初心者のかたから上級者のかたまで“目から鱗”の情報満載!

基本の道具1|トールペイント

基本の道具1|トールペイント(アクリル絵具で描く)

 

このページでは、トールペイントの道具って何から揃えれば良いの?」と迷ってるあなたに、「基本の道具」についてお伝えしていきます。

 

以下のものが必要になります。
青い文字は、家にありそうなもの。赤い文字は、100円ショップでも買えるもの。緑の文字は、ホームセンターやネットショップで手に入るものを表しています。)

 

1.パレット(牛乳パック)
2.布
3.筆洗い
4.絵を描くもの(素材)
5.紙ヤスリ(またはサンディングフォーム)
6.トレーシングペーパー
7.転写紙
8.マスキングテープ
9.筆
10.アクリル絵の具
11.トールペイント用ニス
12.溶剤(メディウム)

 

【ご自宅に有るものや、100円ショップ等で揃えられるものも多いので、使えそうなものがないか探すのも楽しいですよ!】

 

今から、これらの道具について説明していきます

 

1.パレット

 

トールペイント,パレット

 

お金をかけたくない方は、牛乳パックを洗って乾かした物を使うと便利です。

同じ理由で、パラフィン加工された紙で出来ているペーパーパレットも便利です。コッチは楽だけど、紙にしてはちょっとお高め(笑)

 

油絵用の木のパレットは、アクリル絵の具が取れなくなるので使わないようにしましょう。

 

2.布(筆を拭く)

 

古いタオル、洋服、ウエス等の吸水性のある布を使います(なるべく綺麗なものが好ましい)。
布が無い場合はテイッシュでも代用できます。(私は、たいていティッシュを使います。笑)

 

3.筆洗い

 

ある程度深さの有る空き瓶や、プラスチックの入れ物等、水が入る物なら基本的には何でもOKです。(でも、金属系の入れ物は避けた方が良いです。)

 

4.(絵を描く)素材

 

アクリル絵の具は、木・布・空き缶・アクリル・プラスチックなど、いろんな物に描けます。ただし、凹凸がある物は、描きづらいです。

 

あとのページで、素材別の下地の作り方や仕上げかたについてお伝えします。

 

5.紙ヤスリ(またはサンディングフォーム)

 

トールペイント,やすり,サンディングフォーム
(写真は、サンディングフォーム)

 

木の表面をなめらかにしたり、下地作りの時に使います。

 

 

 

ちょっと長くなったので(笑)続きは次ページに書きます。

 

次ページ「基本の道具2|トールペイント(アクリルで描く)」へ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ