初心者から上級者まで“目から鱗”の情報満載!

トールペイントで初心者がつまずきやすいポイント3つ!

初心者の方がつまづきやすいポイントと対処法

 

このサイトには、
トールペイント初心者のかたも、
たくさん訪問してくださっているようですね。

 

ありがとうございます。

 

 

もしかしたら、
このページをご覧になっている
あなたも、

 

始めたばかりで、
疑問に思っていることを
解決できないでいるかもしれませんね。

 

 

なので、今回は、

 

トールペイントを始めたばかり
または
今から始めるというあなたに向けて、

 

 

トールペイントで、

 

最初につまづきやすいポイントと、

 

その対処法を、
紹介していこうと思います!

 

ぜひ、参考にされてください!

 

 

筆にどのくらい水を付けたら良いの?

 

 

トールペイントを
始めたての頃は、

 

筆に含ませる水の量
感覚が分からずに、

 

絵の具がシャバシャバになったり、
逆に、かすれたりすることがあります。

 

 

シャバシャバになるということは、
筆に付ける水の量が多い
ということ、

 

かすれるということは、
逆に、水の量が少ない
ということですね。

 

 

(ご存知だと思いますが、

 

描く前には、
必ず、筆に水を含ませてから、
絵の具を付けてください!)

 

 

では、筆に付ける水の量
どのくらいが良いのか?

 

というのが気になりますね。

 

 

実は、

 

ちょうど良い量の水を
筆に含ませる、
簡単な方法があるんです。

 

 

それは、

 

水差しに筆を付けたあと、
水差しの壁で軽く水を切り、

 

約3秒
タオル(筆ふき)の上に
穂先を置く。

 

という方法です。

 

 

こうすれば、
必要な量の水分だけが
筆に残ります。

 

それでもうまくいかない時は・・・

 

 

ただ、
お持ちのタオルによって、
吸水性が違うので、

 

上の方法で
上手くいかないことも
あるかもしれません。

 

そんな時は、
以下のようにしてみてください。

 

再びバシャバシャした場合

 

そのまま、再び、
タオルに、筆を軽く置きましょう

 

そしてまた絵の具をつけて
描いてみてください。

 

再びかすれた場合

 

一旦、水を付け直し

 

タオルに穂先を付ける時間を、
前回より短くしてみましょう。

 

 

 

それでも上手くいかない場合は、
何回か試してみて

 

ご自身で感覚を掴みましょう。

 

 

ここまで読んで、
お分かりかもしれませんが、

 

筆に付ける水の量というのは、

 

最初は感覚が分からなくても、

 

数をこなせば、
自然とつかめるもんです。笑

 

 

3秒間タオルにつけるというのは、

 

その後の過程がスムーズに行くための、
1つの目安と考えてください。

 

 

下地の塗り方

 

 

下地を作る時など、

 

絵の具シーラー
広い面に塗る時に、
筆跡が残ってしまった。

 

なんてことはありませんか?

 

 

これも、始めたばかりの頃には
よくあることで、

 

独学などで、
聞く人がいない状況では、
1番悩むポイントかもしれません。

 

 

この、広い面
絵の具やシーラーを使って
塗るコツは、

 

大平筆で、木目に沿って
同じ方向に塗る。

 

ということです。

 

これと反対のやり方、
細かくランダムに筆を動かす。
という塗り方をすると

 

筆跡が残りやすいですよ。

 

(あと、
筆に絵の具をボテっと付けて塗るのも
ムラになりやすいので、NGです。)

 

 

また、下地を塗る時には、

 

絵の具を、
木目が透けなくなるまで、
2・3回重ね塗りする。

 

というのが基本ですが、

 

この時、
先に塗った絵の具が乾いてから
次の絵の具を塗るようにしましょう。

 

先に塗った絵の具が
乾かないうちに、
重ね塗りしてしまうと、

 

塗ったところの
下の絵の具がはがれて、

 

絵の具が、
上手くのらないことがあります。

 

 

絵の具が乾くまでの
時間を短縮したい時は、

 

ドライヤー温風を当てると
良いですよ^_^

 

 

 

ニスの塗り方

 

上でお伝えしたことと
ちょっとカブるのですが(笑)

 

ニス塗りコツもお伝えしておきますね。

 

 

「ニスを塗り終わって、
やっと完成した!」

 

と作品を見ると、

 

絵はすごく良く描けたのに、
ニス塗りの時の
筆の跡が残ってる!(ガーン・・)

 

って経験ありませんか?

 

 

そのパターンは、

 

ニスを、
(作品上で)右から左からと、
細かく動いて塗った時に起きやすいです。

 

 

ニスを塗る時は、
一方向からまっすぐ
ぬりきるようにしましょう。

 

(かすれる場合は、
筆にニスを少し多めに含ませます)

 

 

これは、下地を作る時の
絵の具やシーラーの塗り方と
近いですね^_^

 

 

まとめ

 

 

今回は、

 

初心者のかたが、
はじめにつまづきやすいポイント
についてお伝えしてきました。

 

 

ただ、このページに書いたことは、

 

あくまでも、
(私が経験することで分かったことで、)
1つの目安だと捉えて欲しいです。

 

 

知識は、知っておいたほうが、
ある時点まではスムーズに
行きますが、

 

そこからは、

 

どれくらい経験しているか
やってみたか、というのが

 

(トールペイントが上達するためには)
すごく大事なポイント
になってきます。

 

 

要するに、考えるより、
まずやってみる
というマインドが大事です。

 

(特に、始めて間もない頃は。)

 

 

もちろん、やってみて、
分からない時は、

 

たくさん、思う存分、
このサイトを頼ってください。笑

 

 

 

次ページでは、
下地作りについてお伝えします。

 

(トールペイントも、
お化粧と同じで
下地が大事なんですよ。笑)

 

次ページ「下地作りの方法」へ

 



ホーム RSS購読 サイトマップ