トールペイント初心者のかたから上級者のかたまで“目から鱗”の情報満載!

布に描く1|トールペイント

布に描く1【材料別|トールペイントの描き方】

 

「布製のバッグやポーチに好きな絵を描いてみたい!」と思った事は有りませんか?

アクリル絵の具と布用メディウムを使えば、その思いが叶います。

 

 

今回は、身の回りの小物(今回は眼鏡と時計)をスケッチして、それを元に布製のバックに描いていきます。

このページを読んで、手順が分かったらあなたの好きなものをどんどんスケッチして描いてみてください。

 

 

では、早速本題に入ります。

 

 

布に描く場合の絵の具ですが、

 

@アクリル絵の具テキスタイル(ファブリック)メディウムを混ぜて使う場合と

A布用絵の具を使う場合

 

の2パターンがあります。

 

 

@の場合、私はアクリル絵の具はアメリカーナを、
トールペイント,描き方

 

ファブリックメディウムは「ファブリックペインティングメディウム」を使っています。
トールペイント,描き方

 

基本的にはどのメーカーのものでも大丈夫ですが、

 

ファブリックメディウムは描いた後にあて布をしてアイロンをかける必要が有るタイプ無いタイプがあります。

 

アイロンをかけられない生地を選ぶ場合は、かける必要が無いタイプのメディウムを選びましょう。

(メディウムの説明欄に、アイロンについての説明があると思います☆)

 

 

Aの、布用絵の具を使う場合、私はSo Soft(ソーソフト)という布用絵の具を使っています。
トールペイント,描き方

 

ソーソフトは、描いた後がゴワゴワに(硬く)なりにくく、アイロンをかける必要が無いので便利です。

 

 

@かAか、どちらでも揃えやすい方を選んでください。

 

 

0.下準備として、新しい布は、洗濯できるものであれば、洗って糊を落としておきます。

また、皺などを伸ばして、平らにしておきます。

 

 

用意するもの

 

・布製のバッグやポーチ(描くもの)

・筆(2号丸筆)

・先が細いタイプの油性ペン
(私が使っているのは、SAKURAマイクロパーム0,1mm)

・筆洗い

・布(ティッシュでも可)

・古本(跡や汚れが付いても良い物)
・鉄筆(またはインクの無くなったボールペン)

・トレーシングペーパー、転写紙(またはチャコペンシル)
・クリアファイル(使い捨てになります。切って一枚にして使用)

・紙・鉛筆

・パレット(牛乳パックを洗って乾かしたものや、発砲トレーでも可)

・防水スプレー

 

 

↓絵の具は、描きたいものに応じて変えて下さい。

・アクリル絵の具(【アメリカーナ】

DA039(Victorian Blue), DA202(Champagne Gold)、 DA128(Deep Burgundy)

DA272(Purple Cow)、DA031(Baby Pink)、DA072(Venetian Gold)、DA193(Blue Chiffon,)

・ファブリックメディウム(テキスタイルメディウム)

《布用の絵の具をお持ちの方は、この2つの代わりに、そちらをご用意ください》

 

 

1.まず、図案の転写の方法のページの1.2.3.の作業をして、図案をトレーシングペーパーに写してください。

(チャコペンシルで布に直接下絵を描く場合は、この作業は飛ばしてください☆)

 

 

下描きをする為に、紙に素材の型をとります
トールペイント,描き方

 

 

.《紙》の、型を取った枠内に、描きたい絵柄をスケッチします。
(スケッチは苦手!という方は、お好きな図案をご用意ください)
トールペイント,描き方

 

 

描いた紙の上にトレーシングペーパーを置いて、ボールペンか鉛筆でなぞって

紙に描いた図案をトレーシングペーパーに写します。
トールペイント,描き方

 

少々長くなったので(笑)

続きは布に描く2をご覧ください。

 

次ページ「布に描く2【材料別|トールペイントの描き方】」へ

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ