トールペイント初心者から上級者まで“目から鱗”の情報満載!

トールペイント|文字の書き方

トールペイントの文字の書き方

 

「表札やウェルカムボードを作りたいけど、中の文字入れはどうやるんだろう…?」
とお悩みではないですか?

 

フリーハンドで書けなくても、
トールペイントで文字を綺麗に描ける方法があるんです☆
今から、それをお伝えしていきますね。

 

 

以下のような手順で文字入れしていきます。

 

パソコンで(好きなフォントの)文章を作る

印刷

拡大・縮小コピー

素材に転写

塗る(書く)

 

1.好きなフォントで文章を作る

 

まずは、(ここが一番悩み所であろう^^;)
パソコンで(好きなフォントの)文章を作る方法をお伝えします。

 

 

【趣味の(販売しない)作品】

 

インターネットで、「フォント 無料」で検索して好きなフォントを見つけて、
ダウンロードし、パソコンにインストールします。
(「フォント インストール」で検索すれば、やり方が出てきます)

 

すると、パソコンでそのフォントが使えるようになるので、
あとはword(などのソフト)を使って好きな文章をつくります。

 

 

【販売する作品】

 

こちらは「フォント 商用利用可 無料」で検索して、商用利用OKなフォントを探します。
あとの手順は上と同じです。

 

2.文字を素材に転写する

 

次に、wordで編集した文章を印刷し、
コピー機などで拡大・縮小して好みの大きさにし、
紙の文字を素材(描きたいもの)に転写します。

 

【文字を素材に転写する方法】

 

見本となる文字を印刷した紙の上に、
トレーシングペーパーを載せます。

トレーシングペーパーの上から、文字の形の線を、鉛筆またはボールペンでなぞります

文字を写したい素材(白木など)の上に転写紙を載せ、
その上に、先ほどのトレーシングペーパーを載せます。

トレーシングペーパーの上から、
鉄筆(またはインクの出なくなったボールペン)で、さっき書いた線をなぞります

☆完了

 

これで、紙に印刷してある文字が、素材に転写されましたね。

 

3.文字を塗る

 

最後に、素材に転写した文字を、好きな色で塗りましょう。

 

(既に転写されている文字のラインを塗りつぶすだけなので、
ぶっつけ本番でフリーハンドで描くより、かなり簡単に描けます。)

 

※文字を塗るは、細くて穂先が短いもののほうが書きやすいですよ☆

 

トールペイントの文字の書き方 まとめ

 

いかがでしたか?

 

パソコンを使い慣れてない方は、少し難しく感じるかもしれませんが、

 

「文字をフリーハンドで描けない!」って場合には、とても便利な方法なので、
「ちょっとやってみよう」くらいの軽い気持ちで試してみてくださいね。

 

(1.の「好きなフォントで文章を作る」のインストールの手順を、1度クリアしてしまえば、その次からは word で書くだけで、(そのフォントの)文章が作れますよ♪)

 

 

次のページでは「作品が上手く撮れないな〜」と悩んでるかたに“撮影のコツ”についてお伝えします。

 

 

次ページ「作品の撮影方法」へ




ホーム RSS購読 サイトマップ