トールペイント初心者のかたから上級者のかたまで“目から鱗”の情報満載!

筆について|トールペイント

筆について|トールペイント(アクリル絵具)で描く

 

ここでは、トールペイントをする際に、とても重要な「筆」について解説していきます。

 

 

トールペイント(アクリル)にはどんな筆を使えば良いの?

 

トールペイント(アクリル)の筆におすすめなのは、ナイロン筆です。動物の毛の筆は、毛の中で絵の具が固まった時に取れなくなる為、避けた方が良いでしょう。


号数が大きいほど、筆も大きく、塗れる面も広くなります。(細かい作業は小さい号数の筆で、大きな面は大きい号数の筆が塗り易いです)

 

筆の毛先の形が整っているほうが描きやすいので、最後まで描き終わって筆を洗った後は、筆の毛先を整えて保管すると良いです。

 

 

筆の種類

 

筆によって、主な役割が違います。

様々な種類の筆が有りますが、代表的な筆についてお伝えします。

 

◎平筆
トールペイント,描き方

 

広い面を塗る時や、サイドローディングやダブルローディング(グラデーションを作る技法。後ほど詳しくお伝えします☆)にも使います。

 

 

◎丸筆
トールペイント,描き方

 

毛先が丸くなっており、花や、葉等のモチーフの下塗りをするのに便利です。

丸筆だけで全ての絵柄を描く技法(ヨーロピアン)もあるくらい、様々な筆遣いが出来るんデス。

 

 

◎ライナー筆
トールペイント,描き方

 

葉のツルや、花のおしべなどの「細い線」(ライン)を描く時に便利ですヨ。

 

 

◎ステンシル筆
トールペイント,描き方

 

短い固めの毛で出来ており、先が平らになっています。ステンシルバケ(刷毛)とも言います。

絵の具を少しつけ、パレットで落として、画面にトントンと叩くと、細かい点がたくさん付きます。

動物の短い毛のように見せたり、薄めに叩いてグラデーションを作ったりも出来ます。

 

 

◎鉄筆
トールペイント,描き方

 

筆ではありませんが、筆と同じくらい大事な働きをします。先端が少し丸くなっています。

先端に絵の具を少し付け、画面にトンッと置くと、小さな丸が描けます。

爪楊枝や、インクの出なくなったボールペンでも代用できます。

 

鉄筆

 

 

 

基本的な描き方は、上記の筆で出来ますが、他に、アンギュラー筆、フィルバート筆、ファン筆、モップ筆という種類の筆もあります。

 

上達するに従って、少しずつ揃えて行くと良いでしょう。

 

 

 

次は作品を描いた後に、絵を保護するために塗る「ニス」についてお伝えします。

 

 

次ページ「ニスについて|トールペイント(アクリル絵の具)で描く」へ

 

トールペイント,描き方


ホーム RSS購読 サイトマップ