トールペイント初心者のかたから上級者のかたまで“目から鱗”の情報満載!

布に描く2|トールペイント

布に描く2【材料別|トールペイントの描き方】

 

布に描く方法2

(布に描く1の続きです。)

 

 

まず図案を転写します。

 

下から
・古本(または滑りにくい硬い物)

・生地(絵を描く面)

・転写紙

・トレーシングペーパー(図案)

・クリアファイル(切って一枚にしたもの)

 

の順に重ねて(↓断面図)

トールペイント,布,描き方

 

布に図案が写るくらいの強い力でクリアファイルの上からなぞります
トールペイント,描き方

 

(布が柔らかいので、転写の際は、布の下に鉄筆の跡がついても大丈夫な古本を挟みます。また、布の上に載せているトレーシングペーパーが破けないように、クリアファイルの上からなぞります)

 

《※チャコペンシルで下絵を直接布に描く場合は、ここで描いてくださいネ》

 

図案が転写されました
トールペイント,描き方

 

 

これから色を塗っていきます。

 

【point!】袋状の布は、絵の具を塗っていく内に、生地を絵の具が通過して反対側(下の方のもう一枚)の生地に色が染み込んでしまう場合があります。

それを避ける為に、生地と生地の間に、汚れても良い古本を挟んだまま描いていきましょう。

 

 

@布用絵の具を使う場合

パレットに絵の具を出し、そのまま描いて行ってください。

 

Aアクリル絵の具ファブリック(テキスタイル)メディウムを混ぜて描く場合

 

【point!】絵の具とメディウムは筆の後ろで混ぜると混ぜやすいです。
トールペイント,描き方

 

 

混ぜた後色を塗っていきます。

 

 

絵の具を、水で薄めて描いていきます。
トールペイント,描き方

 

時計のベルトを(DA039:Victorian Blue )で塗ります
トールペイント,描き方

 

 

時計のベルト部分が塗り終わりました。
トールペイント,描き方

 

【point!】水彩画風に描く時は、多少色にムラが有った方が、後でペンで縁取った時に味が出ます。

 

 

時計の金具部分を(DA202:Champagne Gold )で塗ります。
トールペイント,描き方

 

 

時計の色を塗り終わりました
トールペイント,描き方

 

 

眼鏡の前面のフレームを塗ります。

上の部分は【DA128:Deep Burgundy】で、レンズの周りは【DA272:Purple Cow】で描きます。
トールペイント,描き方

 

 

眼鏡のレンズを【DA193:Blue Chiffon】で薄めに塗ります。
トールペイント,描き方

 

 

眼鏡の前面が完成しました。
トールペイント,描き方

 

 

左右のフレームを【DA272:Purple Cow】で塗って行きます。
トールペイント,描き方

 

耳あての部分を【DA031:Baby Pink】で、その影の部分(下の方)の部分を【DA128:Deep Burgundy】で描きます。
トールペイント,描き方

 

 

【point!】色が濃くなりすぎた場合は、ティッシュで軽く押さえて下さい。
トールペイント,描き方

 

色塗りは、ここまでで終わりです。

 

 

今回は、「ペンアンドインク」という技法を使って描いていきます。

絵の具を水で薄めて描き(水彩画風)、最後に油性ペンで縁取りしていく方法です。

 

 

ここから、先が細い油性ペンで、絵の縁取りをして行きます。
トールペイント,描き方

 

 

文字盤を描いて、
トールペイント,描き方

 

 

時計、眼鏡も縁取りして、完成
トールペイント,描き方

 

トールペイント,描き方

 

次に、使用したファブリック(テキスタイル)メディウムや、布用絵の具のボトルの説明に「アイロンをかけてください」と書いてある場合はあて布をしてアイロンをかけてください。

 

最後に(汚れにくくする為に)防水スプレーをかけて出来上がりです。

 

 

布の種類によっては、凹凸が有って塗りにくいものも有ると思います。
でも私は、出来上がったバッグを持ち歩くたびにウキウキして、また描きたくなるのデス(笑)

 

普段使いの物に描くと、描く過程も楽いし、何より使う喜びが有りますよね。

 

あなたもぜひトライしてみてください。

 

 

次は、(お茶やせんべい等が入っていた)いらなくなった空き缶に描く方法を解説していきます。

 

 

次ページ「空き缶に描く」へ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ