トールペイント初心者のかたから上級者のかたまで“目から鱗”の情報満載!

下地作りの方法|トールペイント

下地作りの方法【材料別|トールペイントの描き方】

 

トールペイントは、色んな素材に描く事ができます。

 

そして、素材に合った下地作りをすることがとても大事です。

 

下地作りをするかしないかで、作品の寿命が変わってきますよ^_^

 

 

白木の場合

(白木とは何も塗装されていない木のことです。
トールペイントでよく使われます。)

 

 

1.まず、木の凸凹を無くすため
表面に、ヤスリを軽くかけます。

 

トールペイント,初心者,描き方,教室

 

 

2.ヤスリで出た木のカスを布で拭きます。

 

トールペイント,初心者,描き方,教室

 

 

3.シーラーを表と裏に塗ります
(ちょっと面倒ですが、反りを防ぐ為に両面に塗ってください。)

 

トールペイント,初心者,描き方,教室

 

 

4.最後に乾かします。

 

早く乾かしたい場合はドライヤーを使います。
(温風の方が、早く乾きますよ☆)

 

これで白木の下準備は完成です。

 

 

木製品(家具)・ティン(金属)製品・プラスチックの場合

 

上の3種類の下地の作り方は、ほとんど同じです。

 

0.塗装されてる場合は、
色がはげるので、ヤスリがけはしません

 

ただし、後から全体に絵の具を塗る場合は、ヤスリがけOKです
(下地が見えなくなるので)

 

 

1.まず、描く予定のところに薄い色試し描きします。
(ここで絵の具がしっかり付くか見ます)

 

トールペイント,初心者,描き方,教室

 

 

◆試し描きして色が載る場合↓
絵の具だけでペイントしていきます。

 

トールペイント,初心者,描き方,教室

 

◆試し描きして色が載らない(絵の具が弾かれる)場合↓
絵の具とシーラーを混ぜてペイントしていきます。

 

トールペイント,初心者,描き方,教室

 

 

「絵具にシーラーを混ぜるか混ぜないかを決めるために、試し描きする」
っていうのが、他の材料と違うトコロです。

 

 

シーラーと絵の具をまぜても色が載らない場合は、

 

おそらくく水をはじく材料なので、
思い切って別の素材に変えるか、

 

後から目立たない程度に、ヤスリをかけて描いてみましょう。

 

 

これで木製品(家具)・ティン(金属)製品・プラスチックの下準備は終わりです。

 

 

 

布製品の場合

 

 

1.まず、新しい布は、(洗濯できるものであれば)洗って糊を落としておきます。

 

2.皺などを伸ばして、平らにしておきます。

 

 

それから下絵を写して、
@絵の具と布用メディウムを混ぜて塗る、または
A布用絵の具のみで塗っていきます。

 

 

(布に描いたあとは、仕上げに防水スプレーを全体にかけると汚れが付きにくくなります。お試しあれ^_^)

 

 

 

空き缶の場合

 

 

1.絵の具の定着を良くする為、ヤスリをかけます。

 

2.布で綺麗に拭いてから(写真)シーラーを塗ります。(写真)

 

 

これで下準備は完成です。

 

フタが被さる所には、
ヤスリをかけたり、シーラーや絵の具を塗るのはNGです。
(あとから蓋が取れなくなる為)

 

(※空き缶の写真の部分は、只今準備中です。)

 

 

NEXT...

 

材料別の下地の作り方、いかがでしたか?

 

文章を読むだけだとコムズカシイ感じがしますが、

 

実際にやると、思ってたよりスムーズに行くことが多いです。

 

(頭で考えるより、やったら意外と出来るみたいなパターンです。笑)

 

 

お待たせしました。
次からはいよいよ、絵の描き方をお伝えしていきますよ〜(^^)

 

 

次ページ「白木に描く方法」へ

 

ヨーロピアン,アッセンデルフト,講座

ホーム RSS購読 サイトマップ