トールペイント初心者のかたから上級者のかたまで“目から鱗”の情報満載!

下地作りの方法|トールペイント

トールペイント 下地作りの方法

 

あなたは、

 

トールペイント下地作りって
どうやるんだろう?」

 

とお悩みではないですか?

 

 

トールペイントは、
色んな素材に描くことができますが、

 

その素材に合った下地作りというのが、
とても大事なんです。

 

 

お化粧と同じように、
土台となる、
下地が肝心なんですね。

 

 

今回は、
下地作りでお悩みのあなたに、

 

【白木】【木製品、ティン、プラスチック】
【布製品】【空き缶】

 

の素材別に、
下地作りの詳しいやり方
お伝えしていきます!

 

ぜひ、参考にしてみてください!

 

 

白木の場合の下地作り

 

白木というのは、
塗料などが塗られていない、
素のままの木のことを指します。

 

トールペイントをする時に、
最もよく使われる素材が、
白木です。

 

大きめのクラフトショップや、
ネットショップなどで、

 

トールペイント用に、
形や表面を加工してある白木
を手に入れることができます。

 

 

 

 

 

手順

 

1.まず、木の凸凹を無くすため
表面に、ヤスリを軽くかけます。

 

トールペイント,初心者,描き方,教室

 

 

2.ヤスリで出た木のカスを布で拭きます

 

トールペイント,初心者,描き方,教室

 

 

3.シーラーを表と裏に塗ります
(反りを防ぐ為に両面に塗ってください。)

 

トールペイント,初心者,描き方,教室

 

 

4.最後に乾かします。

 

早く乾かしたい場合はドライヤーを使います。
温風の方が、早く乾きますよ(^^)

 

これで白木の下地作りは完成です。

 

 

木製品(家具)・金属製品・プラスチックの場合

 

木製品(家具)金属製品プラスチック】の
下地の作り方は、ほぼ同じです。

 

白木の時と違うのは、

 

ヤスリがけをしない場合があることと、

 

絵の具を塗る前に、
試し書きをするという点です。

 

手順

 

1.まずはじめに、
ヤスリがけをするかしないかを判断します。

 

塗装されてる素材の場合は、
(色がはげるので、)
基本的に、ヤスリがけはNGです。

 

ただし、後から、
絵の具全体に塗る予定の時は、

 

(絵の具を塗れば、
下地が見えなくなるので)
ヤスリがけしてOKです。

 

 

2.次に、描く予定の場所に、
薄い色試し書きします。

 

ここで、色がしっかり載るかを見ます。

 

トールペイント,初心者,描き方,教室

 

色が載った場合は、
絵の具だけでペイントしていきます。

 

トールペイント,初心者,描き方,教室

 

色が載らない
(絵の具がはじかれる)場合は、

 

絵の具とシーラーを混ぜて
ペイントしていきます。

 

トールペイント,初心者,描き方,教室

 

【木製品(家具)・金属製品・プラスチック】は、

 

塗装されていたり、
表面がツルツルだったりするので、

 

絵の具にシーラーを混ぜないと
色が乗りにくいことがあります。

 

 

ただ、いちいち混ぜて描くのも、
それなりに手間なので(笑)、

 

最初に、試し書きをして、
シーラーを混ぜるか混ぜないか
判断するんですね。

 

絵の具にシーラーをまぜても色が載らない場合

 

シーラーを混ぜても色が載らない場合は、

 

おそらく、その素材自体が、
水をはじく性質を持っているので、

 

目立たない程度に、
描く場所にヤスリをかけるか、

 

思い切って別の素材に変えましょう。

 

布製品の下地作り

 

1.新しい布を使う場合は、
(洗濯できるものであれば)
洗って糊を落としておきます。

 

2.シワを伸ばして、平らにしておきます。

 

3、それから下絵を写して

 

絵の具布用メディウムを混ぜたもの】

 

布用絵の具

 

のどちらかで塗っていきます。

 

描いたあと、仕上げに
防水スプレーをかけると
汚れが付きにくくなりますよ(^^)

 

空き缶の下地作り

 

1.まず、ヤスリをかけます。
(絵の具の定着を良くするため)

 

2.布で綺麗に拭いてから、
シーラーを塗ります。

 

フタが被さる所
ヤスリをかけたり、シーラーや絵の具を塗るのはNGです。
(あとからフタが取れなくなるので)

 

まとめ

 

今回、素材別に、
下地作りの方法をお伝えしましたが、
いかがでしたか?

 

文章を読んだだけだと、
少し、コムズカシイ感じがしたかもしれませんね。

 

でも、実際にやってみたら、
考えてるよりスムーズに行くことが多いです。

 

やったら意外と出来るみたいなパターン。笑)

 

 

なので、あなたも、
今回お伝えしたことを実践してみて、

 

いろんな素材挑戦してみてくださいね。

 

 

次ページからは、
実際に、絵を描く方法について
お伝えしていきますよ〜(^^)

 

 

次ページ「白木に描く1」へ



ホーム RSS購読 サイトマップ