トールペイント初心者のかたから上級者のかたまで“目から鱗”の情報満載!

トールペイントの道具はコレを揃えよう!

トールペイントに必要な道具を解説します!(その2)

 

「トールペイントを始めたいなぁ」
と思っているあなたに、

 

トールペイントの基本的な道具について、
1つ1つ解説していきます!

 

このページは
道具を詳しくお伝えするページの
第2回(続き)になります。

 

前回の記事はこちら

 

道具の一覧コチラ

 

今回も、道具の使い方や、
おすすめの道具などを書いてますので、
ぜひ参考にしてみてください!

 

 

6-(1).トレーシングペーパー、転写紙、鉄筆

 

このセットは、
図案を転写する時に、使う道具です。

 

 

転写というのは、

 

見本となる絵の、形や線を、
絵を描く素材(木や布)に、

 

そのまま写しとることをいいます。

 

まず、トレーシングペーパーに、
(鉛筆などで)見本の絵を写します。

次に素材の上に、転写紙を敷いて、

 

さらにその上に、
(先ほどの)トレーシングペーパーを載せて

鉄筆で、上からなぞり書きします。

 

これが、転写の手順になります。

 

 

転写紙には
水で消えるものと、消えないものがあり、
色も数種類あるんですよ^_^

 

 

私のおすすめの転写紙は、
スーパーチャコペーパーという
水で消える転写紙で

 

ブルー、グレー、白色
があるのですが、

 

下塗りの色によっても違うけど、)

 

一番使いやすかったのは、ブルーですね。

 

 

 

 

(転写紙の選び方について
詳しくは、こちらをご覧ください。)

 

 

ただ、この転写の作業が
「面倒だなぁ」と思うこともあるので、

 

そんな時は、次に紹介する
チャコペンシルを使うと便利ですよ!

 

 

6-(2).チャコペンシル(素材に図案を直接描く)

チャコペンシルを使えば、
素材に、フリーハンドで
直接、図案を描くことができます。

 

裁縫などをされていれば、
なじみがあるかもしれません)

 

 

ただ、トールペイントで、チャコペンシルを使う場合は、
裁縫用の鉛筆タイプのものは、使いづらいです。

 

 

トールペイントで、私が使う時に
いちばん使いやすかったのは、
ソーラインシャープペンシルです。

 

(芯の色が何色かありますが、
緑色が使いやすいですよ。)

 

 

 

 

7.マスキングテープ

 

マスキングテープは、

 

転写の時に、
トレーシングペーパーや転写紙を
固定するのに使います。

 

 

その他にも、

 

線をまっすぐ描く時や、
ボーダー柄の背景を描く時に
あると便利ですよ。

 

(フリーハンドで、まっすぐな線を描くのは
けっこう難しいですもんね。笑)

 

 

8.筆

 

トールペイント,筆

 

 

トールペイント用の
アクリル絵の具を使う時は、
ナイロン筆がおすすめです。

 

 

動物の毛の筆は、使わないようにしましょう。
(毛の中で、
絵の具が固まって取れなくなるので。)

 

 

(筆の詳細はこちら

 

 

9.アクリル絵の具

 

トールペイント,絵の具,アメリカーナ

 

トールペイント用アクリル絵の具
有名なのは、
セラムコートと、アメリカーナです。

 

まずは、どちらのメーカーでも良いので、
好きな色を用意してみましょう。

 

(トールペイント用アクリル絵具の
詳細はこちら

 

 

10.トールペイント用ニス

 

トールペイント,道具,ニス,バーニッシュ

 

ニスは、絵を描いた後の仕上げに、
作品を長くキレイに保つために塗ります。

 

(ニスの詳細はこちら

 

 

11.溶剤(メディウム)

 

トールペイント,道具,シーラー

 

溶剤(メディウム)には
色々な種類がありますが、

 

基本的には、素材にそのまま塗ったり
絵の具と混ぜて使うことが多いです。

 

 

「溶剤って、たくさんあって、とっつきにくいなぁ」
と思うかもしれませんが

 

絵を描きやすくしたり、

 

トールペイントの技法を
やりやすくしたりするもの。

 

というくらいの、認識でOKです。

 

 

例えば、
溶剤の1つ、シーラーは、
白木に描く時に、下地として使うと、

 

木のヤニを抑えたり、
絵の具の定着を良くしてくれる
働きがあります。

 

 

トールペイントを始める最初の段階では、

 

溶剤(メディウム)は、
下地に使うシーラーがあれば十分です。

 

(溶剤の詳細はこちら

 

 

まとめ

 

2回にわたって、トールペイントの道具について、お伝えしてきましたが

 

もしかしたら、
「揃えるのが大変そうだ」
と思われたかもしれません。

 

 

前回のページで紹介した道具は
100均や家にあるものが多かったのですが、

 

今回のページで紹介した道具は、
トールペイント特有のもの
多かったですもんね。

 

 

これらのものを、
どこで手に入れたら良いのか?というと、

 

トールペイントコーナーのある
大きなホームセンターか、

 

(そういう所が近所にない場合は、)
ネットショップが良いですね。

 

 

「トールペイント 通販」で検索すれば、色々なショップがでてきますので、
値段や送料を比べてみると、良いでしょう。

 

送料は、ネットショップによって、けっこう違いますよ!)

 

 

最初に、値段をどうしても抑えたい場合は、
道具の質を気にせずに買ってみる。
のも、1つの手だと思います。

 

 

使ってみて、どうにも使いづらい時は
買い換えれば良いし、

 

意外と、安いものでも、
良い道具が見つかるかもしれません。

 

 

とりあえず、行動しないと
何も始まりませんからね^_^
(私自身にも言い聞かせ中。笑)

 

 

 

次ページでは、
筆入れ安く、簡単に作る方法
をお伝えしますよ!

 

 

次ページ「筆入れの作り方」へ




ホーム RSS購読 サイトマップ